*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
先生のキルトに対する想い
昨日の記事に、たくさんの「わかるわかる~!」をいただいて、思ってた

以上に書きたいことが伝わってくれて、とっても嬉しかったです。

特に、にじぐみさんのコメントの、卒業証書の判の話を読んで、

シチュエーションを想像しただけでウルウルしちゃいました



ということで、ずっと前から書きたかったけどずっと躊躇していたこと。

わたしのキルトの先生のお話。

文字って怖いじゃないですか、これを書いちゃうと、たくさんのキルターさんを

敵に回しちゃうんじゃないかってすごく不安で、今まで書けなかったん

ですけど・・・・

でも昨日の話の流れで、思い切って書いてみます。



PA211542_convert_20091021093033.jpg
(わたしのキルトは、久々のエコーエコーと格闘中



もう数ヶ月前になりますが、レッスン中に先生と話していたときのこと。

小物を作ることについての会話だったと思うのですが、わたしが何かの

タイミングで「トイレットペーパーホルダーとか・・・・」っていう事を口にしたの

ですね。そしたら先生が、

「トイレットペーパーホルダーは、わたし絶対作らない。だって、一針一針

思いを込めて縫ったキルトをトイレに置ける!?」

っておっしゃいました。

いつも穏やかな先生が、その瞬間とっても険しい表情になってキッパリと。



それを見たわたし、一瞬ビックリしましたが、次の瞬間、

「わたし、この先生についていく・・・」

って改めて思ったんです。



あ~っ、違うんですよ、トイレットペーパーホルダーを作るキルターさんを

否定してるのではないんです。

みなさんのペーパーホルダーの作品を見て「すご~い素敵だな~!」って

心から思うし、私自身もハワイで購入した、既製品ですがハワイアンキルトの

ペーパーホルダーを自宅で使ってますしね(←サイズが合わなくて強引な

使い方してます)。



先生の、キルトを大切に思う気持ちがすごくリスペクトだな~って。

「できれば、ランチョンマットも避けたいの。汚れるものはね・・・・」とも

おっしゃってたかな。



いつも、例えば大きな作品を作る過程でも、作業中の布を汚さないための

工夫とか、色々とアイデアを教えてくださるんですよね。



ポアカラニ先生のサイトを見て、ポアカラニ先生が先祖代々受け継いできた

キルター精神を読むと、わたしの先生もきっとポアカラニ先生の思いを

きちんと受け継いでいるんだろうな~なんて思います。

あ、でもハワイではそもそも小物は作らないんでしたね。



誤解を招いてないかな~。。。

心配だな~。。。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハワイアンキルトへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
ん~ 考えさせられますね、マナv-238
私も、一針一針マナを込めてっていうそこに惹かれて・・・
キルトを始めた口なので、すごくわかります。
師匠の8ポイントスターをアップリケする度に緊張しますし。

まっちゃさんの先生の『トイレにおける??』もよくわかりますi-228
でも、私反対の気持ちとも迷うことがあります。
マナを込めて作った作品の上での食事、植木たちの成長
健康で排泄できること・・・ それぞれの感謝が生れるのかな?と。
そんなで迷って作れていないものも多々v-356

私はまだ、師匠・先生の精神をよく知れていないので
お教室で少しずつ学べたら良いな~と思いますv-353



こんばんわ
なるほどねぇ

自分の信念を貫くというのは潔くて素敵ですね♪
ハワイアンキルトには特別な意味合いがあるのかもしれませんね
とっても神聖なものなのでしょうか




No title
私もキルトを始めた頃,先生に,同じようなお話を聞きました。
いろについてや,動物はキルトにしちゃいけないとか,というカプについての話しの中で,その話しも聞きました。
最初の何年かはキルトに動物を使わないようにしていましたが,今はモチーフに使ってますね。

日本の方の,かわいいトイレットペーパーホルダーとか見ると,わたしも作りたくなりますよ~。

No title
私自身はそこまで深く考えずに、「かわいいな」と思ったら作る…という感じなのですが。
まっちゃさんの先生がおっしゃられること、他で聞いたことがあります。
トイレットペーパーホルダーや、ランチョンマット、玄関マットetc。。。
ランチョンマット、作りましたけどまだ使えずにいます…。
やっぱり私の中でも躊躇の気持ちがあるのかなーとこの日記を読んで思いました。
No title
キルトへの愛が感じられるお言葉ですね^^
私は普段生活の中で使って、汚れたら洗ってまた使って、
どんどん色も褪せて風合いや手触りも変わって…
というのも好きなんですけど、
汚したくない、という気持ちもわかります。

ハワイアンキルトには精神性の高さみたいなものを感じます。
パターンにもそれぞれ意味があり、
ひと針ひと針、思いをこめて作るのはパッチワークと同じなんですけれどね。
↓の一針入魂。素敵な言葉^^
日用品というより、芸術品に近いのかも。
いぶきさんへ
うわあ、いぶきさんもキルトの真髄に惹かれてキルトを始めたんですね、
素敵ですv-238
ナラニ先生はマークをお持ちなんですねv-352
ポアカラニ先生は多分ないはず(見たことも聞いたこともないので・・・)
もしマークを縫うとなったら緊張するんだろうな~。

そうか~、逆にそういう感謝の仕方もありますね。
とっても勉強になりました^^
一針一針を大切に思う気持ちは共通ですね。
自分が作りたいものを作り、自分が納得する形で使えれば、あとは基本
自由ですものね、アロハ~な大らかな気持ちで・・・ねv-301
ももこさんへ
そうなんです、自分の信念を、軸をしっかり持ってる人って、わたし好きかも・・・です。
ハワイアンキルトの神聖さ・・・
そう!わたし説明下手だから、変わりに↑のぽよんさんのコメントがすごく
わかりやすいと思います。
よかったら読んでみてくださいね^^
ようこさんへ
やっぱり本家本元ハワイの方は、そういうお話されるんですね~。
実はようこさんにその辺り聞いてみたかったんです。
ようこさんのクラブも小物はしないですよね!?
うん、確かにトイレットペーパーホルダー含めて「かわいいな~、作りたいな~」って
思うものたくさんありますよね。
ようこさんだと・・・どんな素敵な作品デザインして作られるんだろう^^
にじぐみさんへ
そうそう、先生があと一つ力強くおっしゃってたな~っていうものが思い出せなかったんだけど、玄関マットでした。
確かにわたしも、玄関マットは作ったとしても絶対に踏めないな・・・って
思いながら聞きました。
ランチョンマットも素敵なのたくさんありますよね~。
わたしみたいなこぼし屋さんは、ランチョンマットの上にさらにカバーして
使うというおかしな図が想像されるわ~v-394
ぽよんさんへ
うわあ素敵なコメント!
芸術品か~。
そう思ったら、尚更崇高な存在ですね、ハワイアンキルト。
もっともっと大事な気持ちでちくちくできそうです。
ところで、ぽよんさんはお洗濯ってどうやってやりますか?
手洗い!?洗濯ネット!?
No title
誤解はされないと思いますよv-290
キルトに対する愛情がとってもよく伝わってきました。
すごく素敵な先生ですね~e-266
merianさんへ
そう言ってもらえると救われます。。。
かなりドキドキしたんですよね、書いたはいいものの・・・
でも、やっぱり先生の考え方は好きだし、リスペクトです^^
フラの世界だともっといろいろ深いことがあるんでしょうねv-297
お久しぶりです
すっかりご無沙汰してしまいました。
最近の記事を一気に読ませていただいちゃいました。
過去記事にスミマセン。
とっても良くわかります。
私の先生(通信ですが)もhawaiiでpoakalaniの元キルト留学
された方なので、全く同意見です。
そして私もそんな先生の方針というか意思に惹かれて
入会しました。
そして、まっちゃさんの躊躇する気持ちもよくわかります。
色んなものを素敵に作られてらっしゃるかた沢山いらっしゃいます
よね。
進めていく間に先生の方針やキルトの伝統などをお話くださるんです。
私はとってもありがたく、思っていたんですが、他の生徒さんで小物や
それこそトイレグッズを作られているかたもいらしたみたいで
それだけが原因ではないのですが、きっかけとなり衝突してしまい。。。
残念な結果になってしまったことがありました。
私は入会以前に先生の意向をわかっていて、というかだからこそ
入ったのですが。。。その方はそこまではお調べにならなかった
のでしょうね。。。
もしかしたら先生の表現方法なんかもあるのかもしれませんが、
逆に私はさっくりさっぱりとしたその感じが好きだったりするんです(笑)
なので長くなっちゃいましたが、まっちゃさんのお気持ちよくわかります!

でも結局は日本人向けだったり、現代風だったりしてるんでしょうね
でもその心は知っておきたいというか、知った上でアレンジして
行きたいという感じがします。
私も先生のウケウリでしっかり学んだわけでもないし、その前に
技術もまったくだし(笑)結果、楽しくずぅっとちくちくしていけたら
いいなぁと思うんです☆
なんだかごめんなさい。。。結論は??な感じですが。。。
ついついコメントしちゃいました。。。
hanaさんへ
うわあ、hanaさん、お久しぶりです!
わたしもすっかりご無沙汰してしまってごめんなさいね。

読ませてもらって、もう感激です。
hanaさんの考えが聞けてよかった。
それに、わたしが言いたいことを代弁してくれてるみたいで。

>結局は日本人向けだったり、現代風だったりしてるんでしょうね
>でもその心は知っておきたいというか、知った上でアレンジして
>行きたいという感じがします。
>私も先生のウケウリでしっかり学んだわけでもないし、その前に
>技術もまったくだし(笑)結果、楽しくずぅっとちくちくしていけたら
>いいなぁと思うんです☆

もう、これなんかわたしの考えそのものです!
ルーツや精神を知った上で、自分好みに、今風にアレンジして楽しくちくちく
できたら一番理想ですよね~。

ももこ先生、ポアカラニクラスで習われたことは知っていましたが、そういう伝統や方針を
お話してくださるんですね。
そんなお話って、わたしもすごく好きだし、大切なことだと思います。
ただキルトの技法だけじゃなくて、心を教えてもらえるのは本当にありがたいし得だと
おもいますよね~。
いい先生ですね、ももこ先生。
プロフィール

まっちゃ

Author:まっちゃ
神戸在住。

197?年生まれ。
カイウラニ妃と同じお誕生日♪
砂浜でお団子作りする様が愛らしかった娘たちもすっかり成長し18歳と15歳に。
大学生活、高校生活満喫中!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキングに参加中♪
ポチッとお願いします
blogram
わたしのブログの成分解析。 ブログ占いみたいだよ! 覗いて見てね。
blogram投票ボタン
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: