*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マナのこもった・・・
今日は久しぶりに語っても良いでしょうか・・・

ハワイアンキルトにも、そして他のいろんな事柄に通じると思われる、日曜日に

経験した出来事です。
PA181543_convert_20091019210251.jpg
区の運動会の帰り、うちの街で毎年秋に開催される「アートカプセル」(色々な

芸術のワークショップみたいなもの)を覗いたんです。
PA181544_convert_20091019210042.jpg
毎年、娘たちがお世話になっているお習字の先生も参加されているので、

顔を出そうと思いまして。



「あんた達も書いて行き!」と先生に薦められて、お言葉に甘えて参加。
PA181541_convert_20091019211736.jpg
それぞれ色紙に好きな書を書いて、最後に先生の判を押してもらって完成。

二女は「空」、長女は「愛」と書きました。

長女が完成させて先生に見てもらおうと色紙を差し出したら、先生がその色紙を

険しい顔でじ~っと眺め続けるのです。

「・・・・・どんなダメ出し?・・・・・」

と緊張していたら、先生が眺めていたのは
PA191546_convert_20091019205618.jpg
アシスタントのお姉さんが最後に押してくれた判でした。

そして、アシスタントのお姉さんに対して一言、

「あんな、判を押すときはな、命がけで押してや。」

力強くおっしゃいました。



そして話し始めたのです。

「判っていうのはね、その作品を生かすこともできるし、反対に作品を殺す

こともできますねん。」


最初にお姉さんが押してくれたのは、右下の小さい判。

それがどうしても許せなかったらしく、「ちょっと待っててな。」と言って自分の

荷物からごそごそと判をいくつか引っ張り出して来られて、それぞれを色紙に

あててみて、一番似合う判を一生懸命見立ててくださいました。

そして最終的に選ばれた判は、大理石のように見える、とっても重厚感の

ある立派な判でした。


それから今度は判を押す位置を、これまた長い時間かけて決めて下さい

ました。

その間も、先生の添削やアドバイスを待っている人がたくさんいました。

でも、一つ一つの作品に絶対妥協しない、そんな先生だってわたしは

知っています。



「うん、ここがいいな。」押す場所が決まりました。

そして、またまた長~い時間かけて、判をぎゅ~っと押してくださいました。

命がけで・・・

わたし、それを傍らで見ていて思ったんです。

「先生のマナが入っていく・・・」
PA181545_convert_20091019205826.jpg
で、わたしが何を訴えたいかというと、これってキルトにも通じるなって

思ったのです。

デザインをどう配するかとか、キルトラインをどう入れるかなどで作品の

表情も変わりますよね。

小物でも、例えば葉っぱを入れる位置が数ミリ違っただけで雰囲気が

変わってくるとか・・・・

数ミリの違いって、傍から見たらどうでもいいじゃんって思えるかもしれない

けど、やっぱり全体のバランスが違ってくる。

キルトの作品って、完成させたら「マナが宿る」なんて言いますが、一つ一つの

作業に入魂する、そのパワーが「マナが宿る」ってことなのかな~って。
PA181545_convert_20091019205826.jpg
長女もこの時、何度か練習をした後、全身全霊でこの字を書いていました

(傍で見ていてそう思いました)。

そして、この色紙に先生が全身全霊で判を押してくださいました。

今もリビングに飾ってありますが、長女のマナ、先生のマナをすごく感じる

パワーある1枚です。


長女自身もそれをすごく感じたのでしょう、家に持って帰る途中も、帰宅して

からも、この色紙をず~っと大事そうに見つめていました。



あ~文章が下手なのでちゃんと伝わったかしら・・・

つまり・・・バレーは「一球入魂」だとしたら、書は「一筆入魂」、キルトは

「一針入魂」、そんな感じ・・・?



たま~に語ると収拾つかないわ~。

やっぱり慣れないことをするものじゃないですね~

長々と読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
リース、かわいいですね~
1つ1つのパーツがとってもアロハな感じで、たまらないですね!
クリスマスでなくてもとってもステキに飾れそうv-410

お習字の先生のお言葉、ほんと、じーんときますね

自分の作品を大事に作る気持ちもマナ。相手を思って押す「印」もまたマナ。。

先生のハンコ1つで、
長女ちゃんにとってよりいっそう大事な作品になったんでしょうねv-349

「一針入魂」!!いい言葉です~~v-353
No title
私も習字を習ってるとき、先生は同じことをおっしゃってました。
なので、とっても懐かしく読ませていただきましたよ!!
しかも、私も自分の判を持ってたんだけど
結婚して引っ越しして何処へ?!って感じで
今にして思い出しました(;-_-) =3 フゥ

長女ちゃん、字と~~っても
上手ですよ!!まっちゃさん褒めてあげて下さいよ~~~o(*^▽^*)o
No title
まっちゃさん、素敵なお話しありがとうございます。
私もひと針ひと針大切にしたいと思いました。
素敵な先生ですね。
こんばんわ
分かりますよ、
ひと針ひと針、心を込めて・・・
これがなかなか難しいんですよねぇ
でも、心がけます♪
ポチ
No title
分かります、分かります。
私も同じことを言われたコトがあります。
卒業証書の印押しの時なんですけどね。
それはそれは、真剣に手が痛くなるほどぐぐーっと押しました。
キルトも、一針一針丁寧に…改めて大事にしようと思いました。
No title
印って特に大切なものなんですよね。きっと…
だって普通に印鑑だって大切なものだものね。
銀行院、実印…自分の代わりみたいなもの…
先生とっても大切なこと教えてくれたんですね!

一針入魂 いいですねー!!

一波入魂 これはどーですか(笑)
No title
判押し1つとっても、作品をリスペクトして、作者をリスペクトして
心を込めて押すその先生、とっても素敵です。
長女ちゃんの「愛」、先生の判と一緒に、すごくいい作品です!
1枚目と2枚目の写真、木々の葉っぱが黄色く色づいているのを見て
日本の秋を楽しんでいます。
まゆさんへ
そうでしょ~!
リースっていう「山」な感じと、パーツの「南国」な感じとのコラボレーションが
なんともいえないんですよね~v-301

今まで何気なく見ていたはんこも、これからはちょっと意識して見るように
なりそうな感じがします・・・・

一針入魂、いいですか~?
強引な四字熟語に一票、ありがとうございますv-352
ゆきんこさんへ
うわあ、ゆきんこさん、自分の判は自分で彫ったんですか!?
ってことは、ゆきんこさん相当字がお上手なんですねv-291
一度見てみたいです^^

長女の「愛」は、頭でっかち尻すぼみ・・・
本人には言わないようにしていますがv-400
ようこさんへ
読んでいただきありがとうございましたv-238
ようこさんも地元でキルトしていたら、昔のかたのいいお話を聞いたりする
機会がたくさんありそうですね。
ハワイで、いつかそういう心にもふれることができたらな~って思っています^^
ももこさんへ
そうなんですよね、実は難しい・・・・
忙しい時に無理矢理キルトしたりすると・・・・ダメですね~。
わたしも折に触れて、初心に戻って心を込めてちくちくしたいなって思って
いますv-238
にじぐみさんへ
へ~、そうなんだ~。
卒業証書の判って、先生が押してるの?
自分が送り出す園児さんのぶんを押すのかな?
そんな風に卒園証書を見たことなかったです。
実は先生の大切な思いが込められてるんですね~。
お友達みんなに教えてあげたい!
なんかにじぐみさんのそのシチュエーションを想像して、勝手にウルウル
してますが、わたしv-406
ねねちゃんへ
そうですね、印って普通に大事なものですよね。
わたしもそういえば、金融でOLしてたころ、印鑑の押し方とか先輩に
言われたのを思い出しました。
もう10数年前のお話・・・v-398
波って、二つと同じものは来ないって言うんでしょ、「一波入魂」、
あると思います!(←ってもうすでに古い!?)
noahさんへ
あ~そうそう、今年はいちょうがすっごく早かったんですよ。
9月には銀杏の柔らかい実がたっくさん落ちていて、自転車やらで踏まれて
ぐちゃぐちゃになったの見ましたもの。
このあたり、日本でもかなり暖かい地域なんですけどね、冷夏の影響でしょうかね~。

長女の「愛」、最初練習でひょろひょろ~と細い字を書いたんで、先生に
「もうちょっとどっしりと書かれへんかね?」って言われて、威勢良く筆を
入れたはいいけれど、だんだんスペースがなくなってきて。。。
下のほうはやっぱりひょろっとしちゃってますv-356
プロフィール

まっちゃ

Author:まっちゃ
神戸在住。

197?年生まれ。
カイウラニ妃と同じお誕生日♪
砂浜でお団子作りする様が愛らしかった娘たちもすっかり成長し18歳と15歳に。
大学生活、高校生活満喫中!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキングに参加中♪
ポチッとお願いします
blogram
わたしのブログの成分解析。 ブログ占いみたいだよ! 覗いて見てね。
blogram投票ボタン
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。